これまでの実績

◆出版関係

(すべて在庫あり、ただし『体育・スポーツ評論』については一部僅少、問い合わせ・ご注文は国民スポーツ研究所まで)

・『体育・スポーツ評論』1~4号まで刊行、不昧堂

1号(1985年) 巻頭言/いのちを大切にすること:城丸章夫
特集/戦後40年と体育・スポーツ
・体育・スポーツの歴史と1945年:山本徳郎
・自分史のなかの戦後教育:中村敏雄
・日本ファシズム下の体育・スポーツ政策:松尾章一
・私の東京体専ー東京体育専門学校の四年ー:久米 茂
・戦後40年と布陣スポーツ:関 久子
連載/日本植民地体育政策の特徴(1):西尾達雄
エッセイ
・再見・嘉納先生:川本信正
・中野好夫さんの弔辞:古在由重
・女性のスポーツと戦争:米田佐代子
資料
Ⅰ東京教育大学体育学部における山本正雄・竹中玉一両教授の人事に関する寄稿集
Ⅱ竹中玉一・山本正雄両教授の東京教育大学体育学部への移行未決定に関する実状報告
・国民スポーツ研究所・設立趣旨
・編集後記
2号(1987年) 巻頭言/体育で精神的快楽を:山住正己(東京都立大学・教育学)
特集/スポーツと平和・民主主義・人権
・体育教師の体罰:濱野吉生(早稲田大学・法学)
・体育・スポーツと暴力:山本徳郎(奈良女子大学・体育史)
・平和への一つの旅:広畑成志(スポーツ問題研究家)
・スポーツと国際理解:フィリップ・ノエル=ベーカー(寺嶋善市訳 明治大学・体育学)
・スポーツを通じて平和をー最終公開講義から:大西鉄之祐(早稲田大学・体育学)
・「スポーツと平和」教育への覚書:森川貞夫(日本体育大学・スポーツ社会学)
エッセイ・論評
・田中英光「オリンポスの果実」研究ノート:久米 茂(元サンケイ新聞記者)
・体協はどこへ行く?: 一乗寺信也(ジャーナリスト)
・スポーツは楽し、されど・・・・:河合尚規(都教組北多摩西支部執行委員長)
連載/日本植民地体育政策の特徴(2):西尾達雄(日本社会事業大学・体育史)
資料
Ⅰ「スポーツと平和」関係
Ⅱ沖縄国民体育大会関係
書評から
・国民スポーツ研究所・設立趣旨
・編集後記
・次号予告
3号(1988年) 特集/オリンピック・国体・ニッポン
この号に関する「批評」
4号(1990年) 特集Ⅰ/ニッポンスポーツの実像と虚像
特集Ⅱ/追悼・古在由重・スポーツと平和

・『体育社会学講義用資料集』 1985年、1990、1995、2002年版の刊行

『65歳からのマラソン人生』 森川和夫、アイオーエム 

『山本正雄ーースポーツ思想の冒険家』不昧堂


◆講演・研修講師派遣

・体育指導委員研修会、スポーツ指導員養成研修会

・都内23区・都下三多摩各教育委員会スポーツ振興担当課

・沖縄県・神奈川県・埼玉県・栃木県・山梨県・兵庫県

・スポーツ・クラブ経営・マネージャー養成

・B&G財団スポーツ指導者研修会

・県・区体協スポーツ指導者養成講習会

・財団法人日本スポーツクラブ協会

・《スポーツクラブ》経営能力向上研修会

・足立区スポーツクラブマネージャー養成講習会

TOP