日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

9月11日(金) やっと生活のリズムが出てきました。

9 11

Written by:
2020/09/11 7:53  RssIcon

  四国に戻って10日過ぎてどうやら生活のリズムが取り戻せてきたようです。朝は5時過ぎに起きていつもの海岸添いの道を約40分、ウオーキング、それから庭の草取りやら外回りをいじってから連続朝ドラ(今は「はねコンマ」に「エール」)視聴、少々、PCに向かってメールチェック、それから朝食(たいがいがパンとスープ、サラダ)、その後、薬を飲んでデザートと、一連の行動パターンがつづく。再びメールチェックとグーグル検索など。

 11時過ぎには琴弾回廊(温泉)に行き、外の露天風呂で背泳のストローク(蛙足10回、バタ足50回を3セットから4セット)、寝湯に潮湯と、これも一連の流れ、最後に洗い場で体を洗い、洗髪して終わり、これで12時少し前、日によっては「お休み処」で海を眺めてから帰るのが習慣です。

 午後は火・金がリハビリ(整形外科)、木曜日だけがデイケアで10時過ぎまで言語聴覚士による言語指導が隔週あり、それ以外では理学療法士によるマッサージと電気治療や自転車漕ぎなど(だいたい20分前後、5キロ)でカロリー消費して終わり。

 午後の昼寝も少々、夜はナイターがある時は蔵で夕食+焼酎のお湯割りを軽く1.5杯くらい、寝床に入るのが10時過ぎ、いたって健康そのものですが、9月30日から大学の講義が1コマ、毎週水曜日は東広島まで岡山経由で新幹線通勤、10時前に四国を出て、帰りは夕方6時頃には戻るというパターンになりそうです。今年は1コマですが、完成年度には4コマですから週2日くらいになりますか、この歳で若い人に交じって大学生活できるのは教師冥利につきます。それまで体を大事にして持ちこたえなければなりませんね。

 写真は今朝の燧灘風景です。左側の山が九十九山、やや右遠くに川之江の製紙工場の煙突の煙がたなびいているのがかすかに見えるでしょうか?

 

Tags:
Categories:
TOP