日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

9月10日(木)またぞろ、東京五輪中止の「雲行き」が怪しくなって来ました。

9 10

Written by:
2020/09/10 16:48  RssIcon

今頃になってIOCコーツ調整委員長が「コロナ感染拡大があってもなくても来夏の東京五輪は開催」だと言い始めた。しかしこれはあくまでバッハIOC会長と仕組んだ「策略」の可能性が高い。当初、10月頃には開催の是非を決めるといっていたのにである。

 早くに決めるとIOCに入る協賛金その他収入が減ると読んだのであろう。アメリカを初め南半球ではこれからさらにコロナ感染拡大のおそれがあるというのに、1980年の「モスクワ・オリンピック」ボイコット、続く1984年のロサンゼルス・オリンピック大会での参加国数の減少の例を挙げて、「無観客」での開催もありうるという、いわば「観測気球」を挙げながら国際世論の反応をうかがっているところがあるように思えてならない。

 日本側はすぐに希望的観測で「来夏開催」で色めき立っているが、根拠があるわけではないので内心は穏やかでないのではないか。

Tags:
Categories:
TOP