日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

4月 2日(火) なんと冷たい印象の「令和」か!?

4 2

Written by:
2019/04/02 17:36  RssIcon

 ネチジンカレッジの加藤哲郎さんがいうように「令和」は、上から目線で下々に命令するかのような「和」を押し付ける「元号フィバー」ぶりです。昨日は「四月馬鹿」ではすまされぬオスプレイ緊急着陸や日銀の景気短観がこれまでのアベノミクスの「嘘」「偽り」を暴くのかの如く景気後退をまったく国民に知られないように秘かに伝わってきています。

 花見酒に酔っている場合ではないですが、こことうぶんは「令和」ブームが喧伝されるでしょう。そして気が付いたときはとんでもない方向に進んでいるという、きっとそんな状況です。

 月刊『まなぶ』4月号に「『東京オリンピックはいらない』の声を上げる意味」を掲載しました。先月、日本女子大学でのシンポジウム「2020年オリンピック・レガシー再考」を取り上げました。

Tags:
Categories:
TOP