日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

2月 9日(土) 堀文子さん(画家)が亡くなりました。100歳ですから大往生でしょう。

2 9

Written by:
2019/02/09 9:19  RssIcon

 昨日の朝刊で堀文子さんの亡くなったことを知りました。堀さんと言えばイタリア・アレッツォの郊外にアトリエを開き、5月のトスカーナの緩やかな丘に咲くひなげしの花の絵を描いていました。箱根の成川美術館にもありましたが、葉山近くの美術館でしたか、白寿記念展に出かけたことを思い出しました。ここで1枚、トスカーナのひなげしの咲く丘の風景を入れたいと思ったのですが、見つかりません。後でアップします。どうにか入れることができました。記事にもありましたが、亡くなるちょっと前からは顕微鏡によるミクロの世界を描いて別世界の境地に立ったという、いくつになっても前向きな生き方、白寿記念展にも挑戦(彼女にはこの言葉は合わないかも)、しかしいつまでも不滅というわけにはいきませんね。しかし「人生は短し、芸術は長し」でしょうか。

Tags:
Categories:
TOP