日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

11月26日(月) 今年も残り少なくなりました。

11 26

Written by:
2018/11/26 20:43  RssIcon

 もう今月も後4日、先週の今頃は首が回らなくて悪戦苦闘していたのですが、今はうそみたいに痛みもなく、首もそれなりに回るし、あれはいったいなんだったんだと思います。「高松市民プールの存続を求める会」のよびかけで先週の日曜日は高松くんだり、車で「記念講演」(タイトルは「市民・子どものスポーツを楽しむ権利を守り育てる」でレジュメ・資料もふくめてA4の8枚)なるものをしに行ったのですが、司会・進行が下手というか、(もしかしたら)基調報告「高松市政と公共施設再編整備計画」(市会議員)(これが中心だったかも)がえらい長く(そりゃそうだろう、パワーポイントまで使って「はじめに、地方自治とは?」から、きっちりと準備したのだから、)、それに「利用者アンケート調査報告」なるものもあって、こっちの番になった時には残り30分もない!そんな馬鹿なと、思いつつ、終了時間に合わせて話をかなりはしよってしゃべりだしたら、途中で「もう少し伸ばしていいです」という紙切れ、でもいったん話を短めにと思って構成と順番を変えて話を進めていたのですから、途中で「変えろ」と言われても困るというものです。予定の終了時間にぴったりと終わってすぐに「ありがとうございました」と頭を下げましたが、欲求不満の残る後味の悪さでした。その後の質疑応答にはつきあいましたが、閉会の挨拶の後、すぐにそのまま会場を後にしました。市民集会といいながらこれはなんだったのだと、帰る途中、後からだんだんと腹が立ってきました。

 その時はそれほど感じなかったのですが、途中からハンドルを握っている手首から振動が伝わって首に響くのです。その痛さは経験した者にしかわからないかもしれませんが、おそらく腰痛やひざ痛などで悩んでいる人もこうなんだろうと思いました。「いきいき健康体操教室」に通ってくるお年寄りにもきっとこういう思いをしている人が居るのではないかと、一昨日の「教室」では背中さすりをしながら、つい肩の凝っている人はと声をかけてしまいました。私の「手当」でも効果があるのだと思います。あっちからもこっちからも声が挙がりました。きっちりツボをおさえてもんであげました。喜ばれましたね。私で良かったらいつでもと言ってあげたい気分です。

 いつも自分の畑からみかんを袋詰めにして参加者全員に持ってきてくれる方は今年87歳だそうです。平地に畑があるから平気なんだと。ありがたいです。お茶会でしたのでシュークリームと紅茶をいただきました。いつまで続くかと思いましたが、次回で60回を数えます。12月は初めと終わり(22日)です。ぼつぼつ後継者を見つけなければと思いつつ、自分が動ける間はがんばろうかとも思います。

Tags:
Categories:
TOP