日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

7月 4日(水) ベスト8進出ならず W杯サッカー ロシア大会

7 4

Written by:
2018/07/04 16:01  RssIcon

 やはり「ベスト8」の壁は厚かったとうべきでしょう。「何がたらなかったのでしょいか?」と西野監督は記者たちに逆質問したそうです。あきらかに後半早々の2:0に選手たちの行動は違っていたようにに見えました。とくに最初1点を返されたシュートは相手チームの「浮き球」でしたが、一瞬、キーパーの目がボールを追っかけていたように、しかもネット隅に吸い込まれるのを見入っていたようでした。パンチングではじくでもなく、最後の瞬間まで目で追っかけていたのではどうしようもありません。それからはあっという間に2点目が入り、最後のロスタイム終了数秒前のシュートは日本代表のコーナー・キックのチャンスから逆に相手のカウンターを食らった感じです。まったく不意をつかれたものです。負ける時はこんなものでしょう。後から言ってもはじまりません。しかし選手たちには悔やまれる試合であったと思います。

 キャプテンの長谷部誠選手もこの試合で日本代表を退くというし、本多選手や他の何人かも抜けることになるでしょう。若手が伸びて来ての交代劇ならいいのでしょうが、果たしてどうでしょうか。これからW杯も大詰め、准々決勝、準決勝、決勝戦と進んでいきますが、最後の最後までフエアープレイで行って欲しいものです。『まなぶ』7月号にはその期待を込めて書きました。

Tags:
Categories:
TOP