日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

6月29日(金) サッカーW杯日本代表の「薄氷」の第一次リーグ2位通過で少しは過熱した馬鹿騒ぎも少しは和らぐでしょうか?

6 29

Written by:
2018/06/29 1:52  RssIcon

対ポーランド戦で日本代表は0対1で負けました。しかしここからがおもしろい(!?)。すでに多くの方もご存じのように、イエローカード(警告)の数でセネガルより2つだけ少ないという(フエアープレイ?)ことで勝ち点、得失点差もまったく同じでしたが、上位2チームに残ることが出来、決勝トーナメント出場(ベスト16)が決まりました。それまではメディアは、同点、もしくは勝って2大会ぶりの決勝トーナメント進出決定!と、さんざん煽っていたはずなんですがね。果たして朝刊にはどのように書くのか(四国版には間に合わないか?いや朝日は間に合っていました)、興味津々です。この試合の地上波放映局は延々と引っ張っていましたが、いつまでもつきあって居れないと、途中でスイッチを切りました。どういうわけかNHKは同時刻試合開始のセネガル対コロンビア戦を実況していましたが、対日本戦をしきりに気にしていましたね。やはり「国営放送」だからでしょうか?

 「勝ち残るためにはなんでもする」(まさに勝利至上主義!)という西野監督の采配におそらくしたり顔で「大人のサッカー」を説く論者が多数出て来ると想像しています。しかし子どもたちにきちんと胸を張って誇れる戦い方を示すことができなかったことへの「反省」は誰がするのでしょうか?

 ここまで来ると「スポーツシップ」とか「正々堂々と戦う」とうことがいかに「虚偽」に満ちた言葉か、よくわかります。何しろ子どもたちにどう説明するのでしょう。「どんなことをしてでも目的(ベスト16入り)を果たすためにはしかたがない」というのでしょうか?

 残念ながらこちらは夕刊はありませんのでその新聞「報告」は明日になります。おかげでプロ野球のセリーグ、広島カープの交流戦後、負けなしの6連勝、高卒ルーキー2年目の高橋昂(左腕)投手のジャイアンツ・菅野と堂々と対決してのプロ初勝利、それにしても影が薄いですね。鉄人・衣笠祥雄さんの「お別れの会」、泣けますね。彼がなぜカープの指導陣に入れなかったのか、いずれこれを書くライターが出て来るでしょう(私はある種の「差別」だと思います)。

Tags:
Categories:
TOP