日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

12月6日(水)最近の「リテラ」(http://lite-ra.com/2017/12/post-3625.html)に注目、歴史修正主義者への痛烈な批判です。

12 6

Written by:
2017/12/06 9:36  RssIcon

日本と遠く離れたサンフランシスコ市議会公聴会でこんなやりとりがあったとは知りませんでした。相変わらずコピペができないので、ちょっとだけおすそわけです。



「彼らが過去何が起きたかを否定すればするほど、そして彼らがあなた(元「慰安婦」)のような人を攻撃すればするほど、このモニュメントが必要であることを証明してしまうことにあります。なぜなら、これだけの年月を経ても否定し続ける人びとがいるのならば、尚のこと、その証とあるものの存在が重要になるからです。・・・・・・・・・政府ぐるみの歴史修正主義が国際社会の反発を招いている。・・・・・・・・日本の信用を地に落としているのは、「慰安婦」という歴史でなく、その歴史を政府ぐるみで否定しようとする動きではないのか。・・・・・・・・日本国民が本当に誇りを取り戻したいなら、必要なのは、「慰安婦」像の撤去を求めることなどではない。わたしたちひとりひとりが歴史の事実を正面から受け止め、異常な歴史否認のやり口に徹底した批判の声をあげていくこと。それこそが、日本の「名誉と信頼」回復につながるはずだ。」

Tags:
Categories:
TOP