日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

5月29日(日) 楽しみだった「無二の会」のフィナーレ、後は祭りの後の寂しさだけ!

5 29

Written by:
2016/05/29 10:07  RssIcon

 26日に道後温泉集合、「喜寿」と「古稀」の祝いを兼ねた大阪時代の教え子たちとの「無二の会」フィナーレは28名(内ゴルフは19名プレイ)の参加でしたが、28日、最後のオプションツアー伯方島・光藤旅館、瀬戸田・平山郁夫美術館見学でお開きとなりました。

 前日の羽田空港の一時閉鎖騒ぎで東京組が1時間半遅れで帰ったようですが、まあ全員無事に帰宅したもようです。1993年に偶然でしたが、Kちゃんの「快気祝い」で忍野に集まったのがきっかけで1994年2月の第1回コンペから今回の第45回(途中2回は台風その他で中止)まで足かけ23年、よくもまあ続いたものです。もちろんこれには「名誉永久幹事」のA君のこまやかな配慮と尽力の賜物ですが、参加する一人ひとりの「青春の譜」を刻む情熱というか、いつまでも若くありたいと願う気持ちの結集かも知れませんね。

 私自身はいつも思うのですが、「教師冥利」につきます。最後に「記念のエンブレム」を刺繍してくれたゴルフシャツと「寄せ書き」をプレゼントしてくれました。涙腺が緩みますが、これで終わったわけではなくこれからは随時幹事が名乗り出て何らかの「集まり」は持続することでしょう。個人的には毎回優勝レプリカを用意したりすることから解放されて肩の荷をほっとおろした感じですかね。

 話はまったく変わりますが、この間、オバマの広島訪問など大きな話題が続きましたが、被爆者の皆さんの印象・感じたことはどうだたのでしょうか?これkらゆっくりと新聞をめくったりしながら検索もしてみいるつもりです。まもなく梅雨入りでしょうか。

Tags:
Categories:
TOP