日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。

5月 4日(水(「みどりの日」

5 4

Written by:
2016/05/04 11:32  RssIcon

 昨夜の嵐のような雨風が嘘のように、今朝はすっかり雨もやみ、富士山もくっきりと見えています。

今日が「みどりの日」だということを忘れていました。毎日新聞の表ページがいやにうすいと思ったら全体に緑色の色調をかけていたのでした。

 植樹はまさに「百年の計」ですね。四国の知り合いに子どもも居ないのにせっせと毎年植樹している人が居ます。すでに何万本という木々を植えているそうですが、もう植える自分の持ち山が無くなったとかで、今年はどうされているのでしょうか。

 四国からこちらに来る高速道路沿いに各地の山々を見て来ましたが、どこも竹にやられているようです。人が入らないと山は荒れて竹が伸び放題になります。

 何度となく産廃業をやっている知り合いなどにも尋ねたのですが、竹を再利用するには結構お金がかかり過ぎて「事業」にはならないのだそうです。しかし竹は炭にしたり、芳香剤や油をとったり、いろいろと再利用の方法はあるのですが、やはり経済性には負けます。だから儲け仕事ではなく、日本の山を守る(とうことは河川を守り、海を守り、自然を守り育てる)ことにつながるはずなのですが・・・・・・・・・。

 ところで昨日の「憲法記念日」にちなんでいつもリンクしている「永田町徒然草」の白川勝彦さんがとても勉強になるブログを書いていましたのでご笑覧ください。

 

憲法改正を叫ぶ輩を右翼反動と呼ぶ理由。昭和憲法の歴史を検証する。(アクセス)

Tags:
Categories:
TOP