日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2013/01/30 15:17 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2019/10/05 9:09

連載ですが、今月号は第41回 「オリンピック休戦」決議と「旭日旗」持ち込み問題 を取り上げました。国連で「オリンピック休戦」決議を出すだろうと思いますが、あらためて東京五輪直前に「スポーツと平和」の関係を現実の日本でとらえたいと思ったからです。実にあっさりと「旭日旗」持ち込みを認めた東京五輪組織委員会と橋本聖子オリンピック担当大臣です。まさに「安部首相への忖度」そのもののようですが、いかがでしょうか?

 2020年東京五輪ホスト国として「相手の嫌がることをあえてやる」というのはどんなもんでしょうか。一矢報いたいところですが、今のマスコミに望むべくもないことでしょう。残念です!

 それにしても『まなぶ』にしても『マスコミ市民』にしてもマイナーもいいとこです。せめて公立図書館などに「購入希望」を出してくださると助かります。多くの人に読んでもらいたいと心から願っています。

By Morikawa on 2019/10/04 22:01

 今日は朝の7時40分に室本港バス停に集合、社会福祉協議会などのよびかけで「先進地域視察」研修旅行、日帰りとはいえ夕方6時過ぎまでお付き合いでした。でも結果往来というか、高知県南国市稲生地区は融合研の大会を2月にやったばかりで「学校支援から」地域創生へ発展」、PTA→PTCA(コミュニティを追加)、チーム稲生=地域学校協働本部、、それに高知大学地域協働学部がコラボですから文字通り絵に描いたような実践、なにしろ総務省、農水省、環境省、文科省等からも「モデル事業」を受けているような感じです。

 顧問という立場ですが、前田学浩さん(市議)が上手に動かしているようで、おそらく全国から視察も多いとみえてカラー刷りの資料やパワーポイントを使っての説明もお手の物でした。私の住んでいる室本とは生活条件が違いすぎますが、でも「イノベーション理論」などを使って「煙に巻く」やり方や「社協×社教」(社会福祉協議会と社会教育)などをすらーと言いのける「技」はなみではありません。周りの陣容もたいへんな「人材」です。よくもここまで「引っ張ってきた」という言葉以外にありません。

By Morikawa on 2019/10/01 9:04

 今日から10月、旧暦も「神無月(かんな月)」と呼びますが、それは出雲大社に神々が集まるからだそうですが、これはあてずっぽうの「民間伝承」とか、そうでしょうね。

 それよりも「スポーツの秋」「芸術の秋」「食欲の秋」・・・・なんでもいいです。過ごしやすいのが一番いいです。「論文書き」で悪戦苦闘中。

By Morikawa on 2019/09/29 9:52

 昨日のW杯ラグビー、日本対アイルランド戦は、日本の「歴史的勝利」とまさにハプニングでしたが、今日の新聞では「実力」「奇跡とは言わせない」とありました。

 昨日の「いきいき健康体操教室」では終わりの合図とともに「誕生日おめでとう!」で突如、お茶会で誕生日祝いのケーキが出ました。おまけに胡蝶蘭のプレゼント、驚きました。ボランティア保険の手続きで誕生日がわかってしまったのですね。ありがたく(?)祝福を受けることにしました。まさか教室の「教え子」たちからお祝いを受けるとは想像もしていなかったのでこれはこれで素直にうれしかったですね。

By Morikawa on 2019/09/28 9:02

 今日から「大台」。これで少しは楽になりましょうか。ここ3年くらいまでが結構きつかったのでこれからは少しずつ「体力・気力」ともに前進できるのではないかと思います。

 とうとう父の記録を破ることはできませんでしたが、鎌田實さん流に「人生の最後の日まで元気でいること」に徹しようと思います。

「命の主人公は自分。健康の主人公も自分だ。そう、自分の人生は自分で決めるべきなのだ。」『70歳、医師の僕がたどり着いた鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」』(集英社、2019年)より。

By Morikawa on 2019/09/21 8:54

 やっと「イタリアの旅」の疲れが取れた思ったら、「仕事」を兼ねて今夕から上京です。主に「逐条解説・スポーツ基本法」の編集作業ですが、3年前にこの作業中に「変だな」と思っていたら「脳梗塞」で夜中に緊急入院したのを思い出しました。

 曰く因縁の「仕事」を終えて早く本来の「仕事」に取り掛かりたいと思いますが、こればかりは相手のあることだし、自分一人のペースで進まないので仕方がありませんね。

 また大型台風が近づいてきているとか、戸締りをしっかりとして出かけることにします。

 

By Morikawa on 2019/09/16 21:05

 昨日はご尾存知の通り「敬老の日」。年に一度だけ思い出したようにお祝いされても困ります。それにこれを当て込んだ商魂も困りものです。広告の類やお為ごかしの宣伝がやたら多いのも嫌ですね。

 12日に四国に戻ったのですが、しばらくは「一人暮らし」、何が困るかというとやはり食事です。面倒くさくなって店屋物で済まそうと思うのですが、貧乏性のせいか、それがいけないのです。納豆と卵、味噌汁はインスタントでもいいものがあります(「具沢山」)。牛乳、パン、ジャムは手作りのがたくさんありますので当座はしのげそうですが、来週半ばあたりから不自由しそうです。どなたか助けてください!?

By Morikawa on 2019/09/14 21:34

 うどん県らしいなと思いながら「かまきり」(うどん店の名前)でお昼を兼ねて11時過ぎに、食べ終る頃にはいつもの賑わい、土日などは県外のナンバーをつけた車がひっきりなしに来ます。

 土曜日のお昼過ぎから「教室」の準備、遅めの昼食は牛乳と果物、1時半から2時半頃まで、目一杯動き、できるだけ多く参加者に触れ合うようにします。

 「旅」の疲れはとれているはずですが、途中で眠くなります。土曜日の夕食はいつもの魚屋で刺身、広島・巨人戦が延長10回、ついに広島の根ばり勝ち。

 旅行中に抜けた雑誌論文をアップしておきました。

By Morikawa on 2019/09/13 9:00

 昨日、午前中は家の雨漏りやらなんやかややってどうにか「解放」されて、午後のバスで武蔵野台経由、品川・羽田空港、JALのシニア空割(100席も余っている!)で無事、高松空港、リムジンで坂出駅、すぐに特急いしづちが来て、観音寺着、そこからタクシーで室本へ。この間、4時間強、すぐに琴弾回廊へ直行、久しぶりに温泉で手足を自由に伸ばして快感、やはり日本人だなあと実感、荷物の整理はゆっくうりやるとして先ずは明日の「いきいき健康体操教室」のレジュメづくりからはじまります。

 お昼にうどんを食べてから長い間空けていたリハビリを再開し、日常に戻る予定です。

By Morikawa on 2019/09/12 5:03

 最後の最後にアリタリア航空のおかげで1日遅れの、しかも4時間遅れで成田に辿り着きました。ローマでも12時間待たされて完全にグロッキーのはずなのに府中の家でシャワーを浴びてビールを300cc1缶飲んだだけですぐにベッドに入ったのですが、時差ぼけのせいか、3時過ぎに目が覚めてメールを打ったり、「旅」のお礼を書いたりしています。

 考えようによっては1日遅れで成田からはなんのトラブルもなく府中の家へ帰れたのですから、結果オーライ、というかアリタリア航空の「怪我の功名」だとも言えます。

 はてさて先日の台風で府中のお風呂場の上が雨漏りで早速、工事を頼まなくてはいけません。水道漏れもあり、金のかかることばかりで「弱り目に祟り目」です。

 2週間あまりの「旅」の楽しさを現実がすっかり打ち消してしまうほどでね。いったん四国に戻り、すぐに工事に立ち会うためにこちらに戻ってきそうです。

TOP