日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2019/06/25 9:31

 世間はすでに参院選モード!香川は野党・市民連合で無所属の女性候補・おだ美和子さんを推します。観音寺市内の「つどい」も2回目を迎えますが、どれだけ市民に浸透しているのか、皆目見当がつきません。まあやるっきゃないということでしょう。

 こちらは「論文」書きに没頭しなければならないのですが、講演のレジュメ作成や連載の「スポーツ時評」など、それに穿設学部の書類揃えなど、やることはいっぱいです。しかしものは考えようで「忙しいうちが華」かもしれまえん。あっという間に3週間が過ぎました。スマホ教室にも出かけなければなりませんね。

By Morikawa on 2019/06/03 9:13

 ものの本によると、「水無月」の「無」は連体助詞の「の」にあたるのだそうです。田植えに水はつきものです。すでに多くの田んぼは田植えも終わり、美しい、柔らかい緑の田園風景を見せてくれています。1年間でもっともおだやかな感じのする季節ではないかと思います。いきつけの歯医者さんの診察台の向こうに窓越しながらその風景が1枚の額縁の中の絵のように見えます。

 『まなぶ』6月号は特集「『平成遺産』のつけ」で「スポーツ界にも、政治からの独立が問題となった時期があった」でJOCの日体協からの「分離・独立」(モスクワ五輪ボイコット事件などを書きました。「スポーツ時評」は「第37回 ポスト東京大会の憂鬱~『重点支援競技』の怪」と題して今年度スポーツ予算における「東京重点支援競技」の選定について、メダル獲得主義がもたらしたいびつな強化策について批判しました。

 JOC山下泰裕選手強化本部長の「より有効な予算配分、環境整備に努めたい」という理事会報告にも不思議と各NF(競技団体)からもまったく質問・意見がなかったのか、その点のマスコミ批判も追及したいと思います。

TOP