日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2019/04/28 8:19

 どの新聞にも「令和最初の〇〇」とか、「平成最後の〇〇」とか、安倍一強体制を盛り上げるかの如く大騒ぎです。いささか興ざめですが、他に書くことがないマスコミですからもうとっくにあきらめています。それにしても新聞紙の見出しもおおげさ過ぎませんか?!

 10連休とは言えこちとらは原稿書きにおわれています。そのなかで管理人さんの連れ合い(夫)が亡くなったという電話、一瞬、驚きましたが、以前より病んでいたらしく昨日、病院でお亡くなりになったそうです。今日はお通夜、明日が告別式でというわけで出かけます。

 広島カープの8連勝はうれしいですが、最後の最後までハラハラドキドキ、これでは心臓に悪い、こっちの方でばててしまいそうです。

By Morikawa on 2019/04/17 19:56

 毎日がサンデーというのは季節感というか、月日の流れの感覚が失われていく気がします。でもまちがいなく新年度スタートして半月以上経ったことになります。先週末、仕事の関係で上京しましたが、だんだんと府中の家に泊まるのも億劫になります。日曜日は仕事の後、府中の家に戻りましたが、翌月曜日は40年近く通っている散髪屋さんに朝方やってもらってからいつもの歯医者に予約していたので治療を済まし、荷物をまとめて弟の事務所のある四谷に出向き、そのまま夕食、朝食、昼食とすっかりご馳走になり、やっと帰り便の成田空港へ、定時にチェックインしたのに空港の混雑(?)で30分近く離陸待ち状態で結局、高松空港には予定時刻を大幅に遅れて到着、前の晩、寝付かれずに読み上げた葉室麟の『月神』のせいか、10時前にはベッドイン、おかげで今朝は6時前には起床、やはりこちらの空気が合うらしく、睡眠時間も6時間半、快調なり。

 リハビリのためいつもの綾川の整形外科に通い、革新懇の呼びかけ人の会議に出席、こちらでの日常が始まった感じです。

 「憲法を活かす市民連合@三豊・観音寺」の準備をどう進めるか、「安部一強体制」を地方から打ち壊すための準備を身近なところから広げていくしか、現状打開の道はないと思います。


By Morikawa on 2019/04/04 14:55

 

一昨日から少し歩き始めました。と言っても2キロ少々。足腰の弱さが気になり始めましたので海岸線を洞門に向かって小1時間かけて歩いてみましたが、今日で3日目、「三日坊主」にならないようにとカメラを提げてぶらりぶらり、いいところで1枚パチリといった塩梅です。

 お稲荷さんのところで春の陽ざしを受けた九十九山と境内の桜がほぼ満開なので撮ってみました。

By Morikawa on 2019/04/02 17:36

 ネチジンカレッジの加藤哲郎さんがいうように「令和」は、上から目線で下々に命令するかのような「和」を押し付ける「元号フィバー」ぶりです。昨日は「四月馬鹿」ではすまされぬオスプレイ緊急着陸や日銀の景気短観がこれまでのアベノミクスの「嘘」「偽り」を暴くのかの如く景気後退をまったく国民に知られないように秘かに伝わってきています。

 花見酒に酔っている場合ではないですが、こことうぶんは「令和」ブームが喧伝されるでしょう。そして気が付いたときはとんでもない方向に進んでいるという、きっとそんな状況です。

 月刊『まなぶ』4月号に「『東京オリンピックはいらない』の声を上げる意味」を掲載しました。先月、日本女子大学でのシンポジウム「2020年オリンピック・レガシー再考」を取り上げました。

TOP