日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2017/05/31 1:26
  今日のタオルミーナは先ずはいつもとちがって海からのクルージングで始まりました。陽気なキャプテン・アントーニオの案内でクルージングっを満喫、最後は洋上のランチ、彼の奥さんの準備ですべて船のデッキでの手づくり、もちろん白ワインで乾杯!
昨日のシラークーサーではたまたまメンバーの一人の誕生日とぶつかり夜のディナーの最後にみんなでハッピーバーズデイを歌い、ケーキのろうそくを消すというところまですべてサプライズ、彼女はに泣きださんばかりの大感激でしたが、今日のランチもサプライズ、最後はタンバリンをたたいてみんなで船上ダンスで盛り上がりました。 

さて、今日の「お別れパーティ」はどのように終わるのでしょうか? 今からワクワクドキドキしています。つい先週にサミットG7(こちらではジー・セッテ)があったなんてまるでうそのような観光客です。セキュリティもかなりのきびしさだったようですが、その間、こちらのお店は「休み」だったそうです。
By Morikawa on 2017/05/29 12:38

 
左のガイドさんは唯一人、アグrジェントに住んでいる日本人(なんでも6月20日のTBS・TVで「こんあところにも日本人(?)」という番組に出演すそうですが)加藤(?)陽子さんです。すっかりイタリアの生活に溶け込んでいるので日本語が若干変に聞こえますが、でもなkなかの熱弁家です。それに自分のオリジナルな解釈を入れてはっきりした意見の持ち主、最後に必ずあなたはどう解釈しましたか?とこちらに振ってきますので油断も隙もありません。
今回あらためて確かめたのは、このモザイク画があるのは浴場ではなくお客の接待の間のようですが、この以外にローマのスタジアムを模した雨天体操場(?)のような部屋もありました。上のモザイク画には本来10人のビキニ姿の少女が描かれていて亜鈴のようなおもりをもって走る少女、2人の走る少女、円盤(?)を投げようとしている少女、総理を表す棕櫚を持っている少女(優勝者?)、棕櫚を女の人から受け取ろうとしている少女・・・・・・。
古代ローマ時代の別荘らしく、そこに紀元3~4世紀頃に建てられたもののようですが、まだ未知の世界が残っており、これからおいろいろな学説が登場することでしょう。いずれにしても35年近く前の記憶はいかに怪しいか、今回そのことがはっきりしただけでも収穫でした。ローマから遠くここまでどうやってきたのか、なぜここが別荘として適していたのか、描かれたモザイク画に使われたタイル(?)の色とりどりの原材料はアフリカのシリアその他から持ち込まれたものらしいのですが、その技術は2000年経った今もかなり優れたものといえるでしょう。
By Morikawa on 2017/05/28 13:23
 念願の「スポーツする女」(?)のモザイク画と対面します。今日のガイドさんの説によると、ビキニ姿の女性の登場は領主が「女を選ぶ」ための陳列(?)だというのですが、果たして考古学者たちはどう解釈するのでしょうか?スポーツ史的には全くの異説になりそうです。ここアグリジェントはまさに南イタリアの南端、地中海に面しています。
女性軍は無邪気に靴を脱いで海水に足を入れています。私はただ見ているだけ。
By Morikawa on 2017/05/28 5:56
今日はタオルミーナのG7(先進7か国首脳会議)の最終日である。イタリアのテレビにも時々安倍首相が映るらしいがまったく存在感が無いし、ウロウロしているだけでトランプの陰に隠れているらしい。服装がいいとか、ネクタイがいいとか、会議の核心で話題になっているわけではない。

アメリカの大学を出たらしいが、英語をしゃべれるのかしゃべれないのか、そのことには多くの人は半信半疑。しかしここへ来て「加計学園問題」で前文部事務次官だった前川氏が菅官房長官の「人身攻撃」にもまったく意に介せず「ダメなものは駄目」と毅然たる態度で受け答え姿は「わかる人はわかる」というものでしょう。今日の白川勝彦さんの「永田町徒然草」にあるように「今怒らなくてどうする」、イタリアに居て歯ぎしりしています。

今日はアグリジェントのギリシャ神殿遺跡を日本語ガイド付きで周りましたが、私の記憶を越えてかなりの発掘作業が進められているようです。
By Morikawa on 2017/05/26 14:32
 ローマまでは順調だったのですが、ローマの乗継でなんとwダブルブッキングが」3名、そのトラブルで出発が30分近く遅れて、したがって到着もかなり遅れましたね。これから先が思いやられます。

ホテルの前の公園らしきところで」みつけたのがGiacaranda(なんでも南米産の樹木らしいのですが、空色の花をたくさんつけていましたので)写真でアップ。

今から朝食です。次の更新は夜ですね。」
By Morikawa on 2017/05/25 8:27
これから空港へ向かい、午後1時15分発でローマ経由シチリアのパレルモに行きます。いろいろな意味で心配をかけてしまっているようで、そのためにもせめて写真でもアップして「無事」を伝えたいと、今は思っていますが、これも現地での電波状態によります。その節はご勘弁ください。とりあえず元気に行っていきます。

今日の夜にシチリアに着きます(現地時間と日本は7時間の時差があります)。できれば日付が変わっていますが、「更新」したいと思います。
By Morikawa on 2017/05/24 11:20
今から成田に向かいます。最後に託す天木直人さんの「言葉」です。

天木さんの「内田樹さん、あきらめるのはまだ早い」を肝に銘じたいと思いますが、相変わらずコピーがはりつけできません。天木さんの今日のブログによろしかったらアクセスしてみてください。
今日の夜にホテルでゆっくりと、更新します。
By Morikawa on 2017/05/23 9:49
ここのところ「更新」せずご心配の向きもあるようなのでシチリア行きを前に更新しようと実は実行したのですが、なんと「公開」アップしたつもりが、できず前のままでした。

何を書いたかというと、最近の広島カープの連敗続き、共謀罪の強行採決と安倍首相の暴政の前にマスコミはきちんと報道しないし、それでいて支持率は下がらず、一体全体どうなっているんだ、と怒り狂っています。それでずっと更新せずにいました。
今日は明日の成田行き(格安)直行便に乗り、成田泊りですので是が非でも更新してと思います。今回のイタリア行きは1989年の14名だったかの「旅」、昨年の10名をはるかに超えて15名の大世帯で驚きですが、まあ、「いい大人」ばかりなのでいつものとおり「出たとこ勝負」と気楽に構えています。それにそれぞれグル―プには私の友人・知人・教え子がついていますので気持ちの上でも安心感がありますね。

さて、シチリアですが、最初は1981年3月、2度目は1988年10月でしたが、どういうわけか2度目国際会議(みんなのスポーツ)だったのに長男とそれに私の高校時代の同級生の娘さんが合流しました。最初の時はアーモンドの花に望郷の念に駆られたのを思い出します。2度目の時は今回月末にあるG7サミットの会場となるタオルミーナのレストラン前のミモザの黄色い花がライトアップに照らされていたのが印象に残っています。    
  最初の時のアグリジェントでビラ・アテネの前庭で撮った左の写真が「お気に入り」の1枚です。オリーブとレモン畑越しにパンテノン神殿が見えるでしょう。今回はちがうホテルのようですが、海岸線にあるとか、期待しています。                     写真に写っている私の上着は柔らかい羊の皮でできたジャンパー(?)ですが、これもお気に入りで今も寒い時分には時々着ています。しかし、当時は体重60キロでしたのでゆったりと着ていたはずですが、今は65キロを越えていますので着るとなんだか少し窮屈な感じなのですが、カッコつけて着ています。
TOP