日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2017/03/29 18:20
今日は朝から三豊総合病院内科と脳神経外科での診察がありましたが、例の頸動脈狭窄をめぐって手術適否の可能性を探るものでした。心臓もいたって健康、手術に耐えうるというご託宣です。嬉しいのか悲しいのか、後は麻酔医の最終判定が必要だとのこと、今さらとも思いましたが、まあ多少のリスクがあっても手術でプラークを削ぎ落した方がいいというのですからいずれやらなくてはなりませんね。




シチリアの「旅」は自己責任で行ってらっしゃいと言うことですから、まあ6月の中旬までに結論が出ます。それまでは常に爆弾を抱えた状態で暮らすしかないでしょう。ここまでくればすっきりさせた方がいいと、多少、自嘲気味に思います。


やっと青林書院から『スポーツの法律相談』が出ました。3代前の会長からの揃い踏みで監修者に私も名を連ねています。
By Morikawa on 2017/03/26 16:06
少々冷えます。これで桜の開花も少し遅れますかね。私たちの「いきいき体操教室」は近くのお稲荷さんの境内で4月8日が花見なんですが、これで開花が遅れますのでちょうどいいかもしれません。

 ここのところ検査が続きましたが、一昨日の超音波により心臓検査で一応検査は終わりです。29日の診察結果が待たれます。薪ストーブはもうお終いにしようと思っていたのですが、つい寒さに負けて今たき始めました。薪はまだ1年物の生木が少し残っていますので後は焚きつけようの端切れ材が必要です。
お習字のお稽古で習った芭蕉の句を少し早いですが、アップします。写真で見ると少しは良く見えますから。しかし駄目なものはやはり駄目ですね。もう少し遊び心がないと詰まらない駄作になります。
By Morikawa on 2017/03/22 9:14
昨日、みどりさんの娘さんが開いている整形外科医院に行ったところ、いろいろともっていったMRIの画像を見ながら説明してもらった上に診断によるトレーニング(?)というか器具や電気機器で治療してもらいまし。わかったことはこれまで受けてきた整形外科とはまるでちがう、ということは手術と薬だけに頼る診断・治療とはちがって筋肉を動かないで鍛える(脳梗塞の後は下肢が弱いそうで)とか、電気器具(低周波だとか超音波だとか)による治療、腰にベルトを巻いての牽引、自分はただ寝ているだけで加重して牽引するだとか、東京の田淵整形外科(元関東労災病院スポーツ整形部長で大学の校医もしていたので有名スポーツ人が多数出入りしていた)の規模を3倍くらい大きくした治療室兼トレーニング室をもっていました。



自分は動かないで電気で筋肉を刺激して鍛えるというのも初めてだし、そして汗が出るというのも初めての経験でしたので「目から鱗」でしたね。世の中の進歩と同様に医療もどんどん進歩しているということでしょう。そして私が評議員をしている公益財団法人「日本の運動器の10年協会」の監事をしている国分正一先生をよく知っているらしく整形外科医でありながらなにもかも骨と関節の病(?)としないで筋肉と筋膜の緊張による痛みがいわゆる坐骨神経痛や腰痛その他の原因だということも承知しておられるということです。テレビでもやっていましたが、竹内先生の筋膜リリースとかいうのも同じ原理でしょうか?ちなみに国分先生の自己療法を一部お裾分けします。以下にアクセスしてみてください。
(仙台西都賀病院) 腰痛や肩こり、坐骨神経痛などでお悩みの方にはきっと力になると思います。
By Morikawa on 2017/03/17 14:11
前回の更新からだいぶん日が経ちましたが、具合悪いわけではありません。リハビリもとりあえず介護保険で通所リハビリを受けているのですが、3月末で終わりだそうです。次の通所リハビリを受け入れてくれるところをケアマネさんが探してくれています。どこも半日とか1日とかで私みたいに言語聴覚士さんが居て2時間くらいで帰ることができる施設はなかなか見つかりません。



それよりも先日来、CT,MRI検査などが続き、今日は心電図をとりました。というのは左の頸動脈にプラーク(おそらくコレストロールなど)が血管をふさぐくらいにたまっていいて血管が細くなっており、脳梗塞などの原因になりやすいのだそうです。とりあえず薬は脳梗塞の後に血液サラサラの薬とかいろいろ飲んでいるので今のところはそれでいいが、場合によっては外科的手術(血管を取り出してプラークを削ぐのだそうです)が必要なのだそうです。もし今よりも血管が細くなったり、あるいはそのプラークなるものが剥げ落ちて脳に行くとそれが原因で脳梗塞になるとおどかされています。
来週、その手術に耐えられるかどうかの(心筋梗塞のおそれ)心臓検査をするそうです。その後に脳神経外科医のお「託宣」あるというのです。
この歳になるといろいろと次から次に難題がふりかかるのですね。正直、もういいじゃない、という声を、渋説く生きて行こうという気持ちと両方がないまぜになります。というわけで思い残すことの無いようにもう少し日々の暮らしを考えて見ようなどと思っていると、つい更新がおくれるというわけです。今週から激しい運動は駄目と言う事で水泳は禁止、もっぱら水中ウオーキングということになりますね。
どうしてもエンター・キーを押すと画面が消えます。元に戻る機能でどうやら繋いでいますが、PCの調子もイマイチですかね。
こちらも5年以上使っています(中古からですから実際にはもっと)ので変え時かおしれません。人間の体もこういう風にかんたんに変えることができればいいのに。
相変わらずこの大事な時に安倍さんは外遊ですか、23日の証人喚問もこれでは大したことにならないのでしょうか?防衛大臣といい、でたらめが罷り通る世の中は「右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」。
By Morikawa on 2017/03/09 12:04
奈良の「お水取り」のことを書いたら奈良の近くに住んでいる先輩から「まだお水取りは終わっていない」というメールをいただきました。私の早とちりで「本行」が始まってから2週間ほど続くらしいのですが、「12日は一回り大きな籠松明」でクライマックスを迎え、映像で見ると大勢の人でいっぱいです。まだ実際のものは見たことがありません。こんなに大勢の人ではおそらく行ってもだめでしょうね。
By Morikawa on 2017/03/05 20:22
昨日の四国体育・スポーツ学会(兼日本体育学会四国地域研究会)での発表が終わってホッとしていますが、やはりというか、まだ脳梗塞の後遺症があるようでしゃべるのにどこかぎこちない、うまく対応できないもどかしさがあります。あがっているわけではないのですが、先をいそぐあまりに言葉がうまくでないのですね。発音しにくい言葉を避けるために頭の中で言葉を選んでいるのですが、すぐに次の言葉が出てこない気がして気持ちが焦る感じです。




したがって質問にも的確に応答することにならないような、自分でそう思ってしまうのですね、こういうのは初めての経験です。まだまだ完全に回復ということにはなっていないということでしょうか、結構、時間がかかります。


たまたま四国学院のOさんに会ったので帰りの途中、綾川町のイオンの中にある倉式珈琲店で久しぶりにおしゃべり、地域スポーツクラブのことも出ましたが、総合型地域スポーツクラブの自主・自立の問題は果てしなく続くようです。
By Morikawa on 2017/03/03 18:10
3月3日 ひなまつり3月3日 ひなまつり雛祭りの由来?

ひな祭りとは、平安時代の京都の風習だった子供の無病息災を願う上巳の節句(じょうみのせっく)と、ままごとの遊びが江戸時代初期に融合し、女の子のお祭りになったといわれています。
ひな祭りという呼び名は、小さな人形で「ままごと遊び」することを「ひいな遊び」と呼んでいたのが語源です。
By Morikawa on 2017/03/02 20:40
リハビリとプール通いに明け暮れれているとすっかり季節感も薄らいできます。しかしここに来て一段と春らしくなってきた感じがします。



孫に雛祭りの記念にと思いましたが、どうも九州に居るお爺ちゃんの意向かもしれませんが、先方で用意しているという話に簡単にのっかかりにそうになりますね。男の子なら男親の方からやらなくてはならないのだそうですが、、もう少し先に伸ばす,


ii


方法
TOP