日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2016/01/25 22:13

 大相撲初場所は「10年来の日本人優勝」という言い方に正直なところ何かひっかかりますね。琴奨菊の優勝後の各局インタビューを観ていて清々しさを感じます。しかし一方、この初場所最後の2日間の白鵬の取り口のあっけなさはなんだったのでしょうか?もしかして「日本人優勝優勝」と騒ぐ周囲への彼なりの批判の仕方(というより腹いせ?!)みたいに感じ取った人は多いのではないでしょうか。

 柔道が国際化してJUDOとなり、オリンピック種目にもなっていく過程で日本人の抱いていた「柔道観」が変わってきたように、またいつも日本人戦選手が勝たなくなった(勝てなくなった)のも周知のとおりです。武道であれ相撲であれ、ひとたび「競技スポーツ」として勝敗を競うようになればその許されたルールの下で勝つためのさまざまな「技術」や「かけひき」が行われるのは当然です。同じように大相撲に外国人力士の参加を認めれば当然ながらいわゆる「日本人」的ではない技の創造や従来の日本人力士とはちがった行動や振る舞いが表出されるのは当然ですし、その中で連勝していく外国人力士が増えてくれば日本人力士の優勝が遠のくことも必然です。問題はそれは「日本人だ、外国人だ」といちいいち取り上げて「批判・非難」めいたことをあげつらうのもマスコミの常だと思います。そうおいう雰囲気(日本人力士に優勝させたい)というムードに頭にくる外国人力士が出てきてもそれはそれででやむを得ない。たまたま白鵬がそうだったのかどうか確かめようがないが、いずれ時間の経過とともに明らかにされてくるはずです。

 少なくとも琴奨菊の優勝に水をさすような千秋楽とその前の白鵬の2番だったことははっきりしていると思います。いままであんなに勝負に無頓着にあっさりと負けたことはなkったのではないか、と。ここまで書いて誰かきちんとしたしかるべき人が何か論評しているかと検索してみましたが、あいにくヒットしません。もちろんあれこれ「無気力相撲」批判めいた発言はネット上ではありますが、いわゆる相撲の専門家と肩書をつけて書いている人も自称評論家でもいいでうが、しばらく注目しながら新聞を読んでみます。

 注目していた宜野湾市長選挙も八王子市長選挙も現職が当選しました。「オール沖縄」「オール野党統一」ということにはならないですね。

By Morikawa on 2016/01/23 11:35

 昨日までの天気が嘘のように今日は朝から太陽が出ています。天気予報では明日、明後日と雪が降るかもしれないと警告しているのにです。しかも今期最低の気温、-3度とか、ほんとうかいな、という感じです。

 昨夜は対イラン戦、最後は延長戦で3得点、しかも胸のすくような会心のゴールでしたが、確かに手倉森監督のいうように「しびれるような試合」でした。大相撲の琴奨菊もきっと対豊ノ島戦、しびれたのでしょう。武道学科の最後の教え子・千代大龍、勝ち越し、同じく妙義龍・嘉風はどうか、明日までこちらもしびれます。

 マスコミは日本人力士の優勝は10年来無いのでなんとか琴奨菊に優勝させたいムードで煽っていますが、いくら期待しても八百長でない限りはそうそううまくいくはずがないのです。「プレイ(スポーツ)としての大相撲」なのか「興行としての大相撲」なのか、はてさてどちらを望んでいるのでしょうか?「勝つか負けるか」はやってみなければわからない(alea、agon)のがプレイとしてのスポーツです。

 選挙までそうあっては困ります。明日24日は沖縄・宜野湾市、そして八王子でも市長選、即日投開票です。

By Morikawa on 2016/01/22 19:46

 昨年12月の検査入院の結果、私の前立腺ガンの重粒子線治療効果はまさに劇的に「恢復」しているということをお伝えしましたが、今回はその「恩返し」としていかに重粒子線治療を世の中に広めていくかにあります。

 重粒子線治療をできる施設が少ないだけではなく、治療費が高くしかも保険適用になっていないために誰でもが安心・安全、しかも治療効果の高い(90%以上治癒)重粒子線治療を受けることができないのはなぜか、これが大問題なのです。

 ここから先はかなり医学的・専門的内容をふむのですが、単純化して言いますと、どこにもはびこっている「○○病に侵された○○村」のように医学・科学の世界にも同じことがあるために故意に重粒子線治療効果を貶める「発言」等があり、厚生労働省の「先進医療委員会」での評価がかなり左右されているようです。結果は誰でもが平等に治療を受けることのできる健康保険適用にならないということのようです。

 くわしくは重粒子線「友の会」HPのトップ頁にある私の原稿をお読みください。

 今夜はこれからサッカー男子五輪アジア予選の」準々決勝対イラン戦ですね。22歳以下の代表メンバーですが、魅力的な選手も結構いますので楽しみです。

By Morikawa on 2016/01/20 9:11

 ありがたいことですが、このHPを見て下さった方からお見舞いの電話とメールをいただきました。あまり自分の健康のことなど書きこんではいけないなと反省もしております。自分の「備忘録」を兼ねた「メモ」みたいなものなのにこうしてていねいにお読みいただいている方が居られるということをもっと大事にして「日記」を続けたいと思いました。 

 昨日辺りからだいぶん気分もよくなってきたのですが、お風呂代わりの琴弾廻廊(温泉)行きは控えています。昔から「風呂に入らなくても人は死なないが、風邪で死ぬこともある」と言われているのを実行しているだけです。この間、葉室麟を読み続けていますが、昨日も図書館で『花や散るらん』を借りてきて読み始めました。前の『いのちなりけり』の前後作というのがわかったので前の作品の人物関係がよくわからなくてあらためてこの作品を読み直そうと思ったわけです。前の作品のキーになる歌が「春ごとに花のさかりにはありなめどあひ見むことはいのちなりけり」で最後にこの歌にたどり着くのですが、今回の作品の冒頭にも紹介されて、前後作の意味がわかりました。要するに前作の後日談ということになるのでしょうか?

 吉良上野介という歴史上の人物は「忠臣蔵」でしか理解されていなかったのですが、まったくちがった人物像(権謀術策に長けた非情の人間像?)なので驚きです。まあそれぐらいに私は明治以前の日本史に無知だということと合わせて「何もわかっていない」ということを思い知らされています。「専門馬鹿」とでも言えば聞こえがいいですが、あまりにも一般常識というか、教養がないのは引揚げてきてから青春時代の過ごし方にも問題があったのでしょう。人並みに「青春時代」に世界文学全集や日本の古典と言われる小説(?)類も読んできたつもり(!?)だったのですが、読書量があまりにも乏しいということですね。貧乏だったのでほとんど本を買ってもらった経験がない、その分、普通の人より自分は学校や市立図書館に通っていたように錯覚していました。

 大学に入ってからはハンドボールに明け暮れ、ゼミに入ってもテキスト以外の本もそれほど読んで来ていない自分を今さら悔やんでみてもはじまらないのでこれからはもっともっと小説などを読んでみたいなあと思い始めていますがどうなりますか。

By Morikawa on 2016/01/16 21:17

オンシジューム 今日の花は、オンシジウム,オンシジューム、花言葉は「清楚」「一緒に踊って」「美しい瞳」「遊び心」だそうです。

   なんでも花言葉の由来は、「一緒に踊って」・・・別名「ダンシング・レディ・オーキッド」から。花が優雅に踊っているドレス姿の女性にたとえられていることからイメージらしい。

By Morikawa on 2016/01/14 23:30

 昨日の「元気会」(シニアゴルフクラブ)1月例会では新ハンデのおかげで小生が同スコア3人(ネットで70)ながら歳の差で第1位、同スコアの二人には悪いなと思いながらも「皆勤賞ですから」と言われて半分面映ゆい気がしましたが、気持ちよく受けることにしました。それまで駐車場に置いてある竹ぼうきで日々素振りをしてきたのもフォームが安定して大きなスイングができるようになったのも「勝因」の一つだと思いました。

というわけで昨日は懇親会でみんなからお祝いの言葉を受けていい気分で焼酎を飲み、帰宅後はちょっとだけ横になってからサッカーアジア予選の対北朝鮮戦を終了まで見てしまいました。やり残しの原稿書きは朝から3時過ぎまでかかりながら、「2020年東京五輪・パラリンピック」はどこに向かっているか!(マスコミ市民2月号)を書き上げてすぐメールで送り、安心して葉室麟の「螢草」を読み始めることができましたね。

 先ほど最後の頁を読み終えて主人公の菜々の凛とした生き方を反芻しながら思い出しているところです。
葉室麟の小説には必ずといっていいほど、和歌がキーポイントになるように出てきます。今回は万葉集にあるらしいのですが、「月草の仮なる命にある人をいかに知りてか後も逢はむと言ふ」でした。最初の頃に菜々が仕える佐知から「露草ですね。この花を万葉集には月草と記してありますが、俳諧では螢草と呼ぶそうです」と、さりげなく言わせてこの本のタイトルと最後の結びでの余韻を思わせる「しかけ」がありました。

 藤沢周平とはまたちがった作風とストーリーの「仕立て」に特色がありますが、私自身はまったくの素人ながらやはり藤沢周平の方が書き手としては一段上ではないかと、やはり思いますね。でもわかりやすい「筋立て」が読者をひきつけるのではないかとも思います。多作ではあるのですが、よくこれだけていねいに書き上げるのものだと感心します。もう後何冊か積んでありますのでしばらくは浸るつもりです。

 

By Morikawa on 2016/01/12 23:46

アリッサム  今日の花は、スイートアリッサム、花言葉は「美しさに優る値打ち」「優美」「飛躍」だそうです。

By Morikawa on 2016/01/08 17:51

イントロダクション

 山田洋次監督・脚本の「母と暮らせばを宇多津まで観に行きました。涙が自然に流れてきて困りました。

By Morikawa on 2016/01/04 12:13

クロッカス 今日の花は、クロッカス、花言葉は「信頼」「青春の喜び」(黄)「私を信じて」「切望」(紫)「愛したことを後悔する」だそうです。

 

TOP