日記 Diary

私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2015/07/30 16:34

 一昨日の対ヤクルト戦のために1日遅れましたが、ようやく忍野村に。昨日今日は家の周りから窓上のひさし部分の屋根のペンキ塗りなど、4日から次男たちが来たり、10日にはオーストリーからYTUMIさん夫婦が来るので部屋の掃除から一切合財、「仕事」に追われました。幸いに夜は気温も25度以下に下がりますので読書には効率的です。豊下さんの「日本外交の『第三の道』と沖縄」(葦牙、2012年7月号)は読ませますね。「鉄の六角形」って知っていました?

 これまでの政・官・財に加えてメディア、アカデミズム、それに司法が入って「安保村」も「原子力村」もすべてがこの「鉄の六角形」による支配構造だというのです。さらにそれを実質的に支えている「事務方同盟」(防衛・外交の官僚達と、軍需産業の利権構造」、さらにはジョセフ・ナイ、アーミテージなどの「ジャパン・ハンドラー」の存在です。

 日本政府の「自主性」は無きに等しく、歴代自民党政権も政権交代した民主党政権もこれを打ち破ることはできないばかりか、鳩山も管も彼らの意のままにならないとなると、つぶされてしまうという「恐ろしだ」です。

 これを打ち破る方法はあるのか、あるとすればどういう方法で可能かというのがこの論文の意図するところでしょう。

 明日、夕方に大阪で豊下氏と会い、久しぶりの会食です。どんな話が出るか、今から楽しみです。

By Morikawa on 2015/07/25 23:38

 以前より一ノ谷スポーツクラブの実践で話題になっていた防災キャンプを開会式から見ました。蒸し風呂みたいに暑い体育館で早速、ダンボール・ハウスづくりからスタート、12班の子どもたちが話し合いながらどんな「ハウス」をつくるか、危なっかしいナイフなども使いながら2時間かけてしあげていました。

 保護者も参加しての明日まで続くプログラムでしたが、夕陽が沈むころに観一の天体部による星空観測、木星も金星も西方の空によく見えて子どもたちも親も大満足、きっと今夜はなかなか寝付けれないでしょうね。

 興奮とこの暑さですから、大丈夫かな?

 もう一度上京する前に体育館を覗いてみましょうか。

 しばらくは東京ですが、すぐに大阪での学校体育研究同志会創立60周年記念、第150回の全国大会(大阪・箕面)での「記念講演」のため2泊3日で出かけます。

 後はしばらくは忍野で静養します。

By Morikawa on 2015/07/22 13:19

 昨日の女子高校生の「スピーチ」広がり始めましたね。こういう形で次々に伝播していくのがIT時代の、「あるいは「情報革命」時代の民衆側の知恵と力なんでしょうか。

もっともっと「拡散」願います。私はこれから」お隣のお寺さんで「郷土史」の勉強会です。「里宝抄」という、なんでも江戸時代頃までのここ「室本」の歴史が語られているとか、でも古文書なので先輩の手ほどきが無いと読めないのです。行ってきます。

By Morikawa on 2015/07/21 20:24
大阪での若者たちの「戦争法案」に反対に壇上に上がったTシャツ(?)姿の女子高生のスピーチ聞いてみてください。
By Morikawa on 2015/07/20 0:03
日本ライフステージ創造学会の設立総会で山口県柳井市グランドホテルに来ました。岡山経由で新幹線広島駅で山陽線乗り換え、時間帯のせいか、岩国止まり、乗り換えてどうにか柳井に着きました。観音寺から予讃線・岡山乗り換え、またまた乗り換えは広島から岩国まで続きました。
By Morikawa on 2015/07/19 10:31

 糸井重さんの32年前の作品だそうです。先ずは安倍さんに行ってもらいましょう。彼に子どもが居ないということはタブーだそうです。

By Morikawa on 2015/07/18 23:53

 最近の若い者はすごい、正直思いました。それにもまして渡辺治(一橋大教授)さんはもっとすごい!「動画」をここにリンクさせます。書き起こしたものは本文に。そして白川勝彦さんも相変わらずがんばっているんですね。

 SEALDs、一昨日の国会前集会で。動画http://www.labornetjp.org/news/2015/0717shasin

 白川さんはリンク先をご覧ください。

By Morikawa on 2015/07/15 10:34

昨日、夕方に高松空港着のアシアナ便で戻ってきたのですが、午後の出発だったせいか女性客が多く、しかも日本人よりも韓国の方の方が多い気がしました。アテンダントの女性も日本語を話す人は居なかったようです。

それにしても帰ってきた途端に国会での「強行採決」の雰囲気、圧倒的国民が反対していてもどこまでも突っ張る気らしい、狂気の沙汰ですね。

By Morikawa on 2015/07/14 8:34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨夕にゴールデン・ソウル・ホテルに戻って来ました。朝の散歩から帰ってきての窓から見える安養川(漢江のすぐ傍)河川敷のコートが見えます。

 散歩ついでに「お粥の店」を探したのですが、まだ開店前、残念!仕方なくドーナツにコーヒーで朝食代わり。言葉を覚えないと食べたいものも食べれないでしょう。隣国との会話、と言っても片言でもいいから普通の人々と言葉を交わしたいですね。

By Morikawa on 2015/07/13 7:48

 肝心の「光州事件」についてふれていませんでしたね。「事件」は1980年5月18日、軍事体制下の全羅南道の道庁のある光州市で起こった「光州民主化運動」をさします。くわしくはリンクを貼りましたのでご覧ください。いずれにしても現在では「金泳三金大中盧武鉉とつづく文民政権で、光州は民主化運動の国家的聖地となった。現在、光州市内には5・18記念墓地、5・18記念公園など民主化運動を記念する施設や記念碑等が、市内のあちこちに点在している」とのこと、できればソウルに戻る前に訪ねてみたいと思います。

雨でしたが、Aさんを誘って「5.18記念公園」に行ってきました。このモニュメントの後ろに地下室があり、そこに犠牲者の名前が壁に刻んでありました。ハングル文字の下に数字と「生」の字が読めましたのでまだ10代の若者から70前後の方まで確認できました。

TOP